漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

僕のヒーローアカデミア221話のネタバレと感想!ドクターと死柄木

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月25日発売の2019年第17号、週刊少年ジャンプ連載の「僕のヒーローアカデミア」221話のネタバレと感想をまとめました。

前回話のネタバレは下記の記事にまとめているので、まだでしたらまずはこちらからどうぞ。

 

僕のヒーローアカデミア221話のネタバレとあらすじ

僕のヒーローアカデミア 221話

 

ドクターからの緊急連絡!

 

「ドクター!?探してたっつうドクターか!?」

『お友だちも揃っとるようじゃな。元気かね?』

「ああただ・・・。一秒後にはミンチかも」

 

死柄木はそう言って、頭を抱えて泣きわめく巨大な男の方を見た。

次の瞬間、巨大な男は掲げた両手を地面に振り下ろした。

 

轟音と共に凄まじい勢いで亀裂が入り、周辺の地面は砕け散った。

 

「受け入れたいのに。だめだAFO(オール・フォー・ワン)。俺にはこいつ、受け入れられない」

そう言って顔を覆う巨大な男。

 

「なんだってンだよ・・・!!」

飛んできた瓦礫の中で叫ぶ死柄木。

 

『そいつはギガントマキア。かつて身辺警護として、オール・フォー・ワンを支えた男じゃ』

瓦礫の降り注ぐ中、ドクターの説明がラジオから聞こえた。

AFOが最も信頼する人間の一人で、尋常ならざる耐久力を持ち、複数”個性”所持に改造なしで適応している。

オールマイトに勢力を削がれ、敗北を予感したAFOはそいつを隠した。

自身がどうなろうとも、夢を、意思を、終わらせぬ為だ、と。

 

「そんなに優しープレゼントには見えねえンだが、気のせいか?」と言う茶毘。

 

ドクターは茶毘を「良い目」だと褒めた。

ギガントマキアは、忠誠心が強すぎるあまり、かつての主と死柄木の落差に絶望していた。

 

「気に入ってもらえるように頑張ろうってか?」

そう言いながら、茶毘は攻撃を仕掛けた。

『それは無理じゃよ。今はな。どれ・・・』と言って、何かのスイッチを押したドクター。

 

茶毘の攻撃が全く効いてない事に気付き、焦ったヒミコ。

 

『マキア・・・』

その時、ラジオからギガントマキアを呼ぶ声が聞こえた。

 

その途端、暴れるのをやめてラジオへ駆け寄ったギガントマキア。

そして、両手でラジオを抱え込むと、顔をすりよせた。

 

無言で見つめる死柄木。

 

ゴロゴロとラジオに懐くギガントマキア。

 

『AFOの録音音声じゃ。これで落ち着いたじゃろう?』

「要らんぞ、こんなん」

『要らん!?この期に及んでまだ望めば手に入ると!?』

「あ?」

死柄木は、顔の手を外した。

 

『黒霧と長く居すぎたな、目を覚ませ』

「ドクター、何だよ、冷たいな」

『フム・・・。少々待っとれ。よいせ・・・』

 

「何でしょ」と、ヒミコ。

「要領を得ねえジジイだ。プッ。オエ・・・」と、ゲップするトゥワイス。

「仁くん、ゲップ汚いのでやめでくだ、ウプっ」と、ヒミコもゲップした。

 

次の瞬間、ヒミコの口からは大量の液体が飛び出し、体にまとわりついた。

他の仲間も同様だった。

「!?」

「これはァー!?」

 

”神野でAFOが使った”個性”!何故今!”

戸惑うトゥワイス。

 

”もう何が何やら”

同じく戸惑うスピナー。

 

『さてと少し話そうか』

 

バシャという音と同時に、死柄木達はギガントマキアだけを残して消えた。

 

椅子に座るドクター。

ドクターのラボには、何体もの脳無が液体の入ったカプセルで保存されていた。

 

「ここは・・・」

「何だこりゃあ?」

戸惑う死柄木達。

 

茶毘はカプセルの中を見て、これまでのと少し違う脳無だと気付いた。

 

「ほほう、わかるのか差異が!!ほほうほほう。やはり良い目を持っとるよ!そうじゃ違うんじゃ、この子らは、中位下位とは違うんじゃよ~!」

興奮気味に叫ぶドクター。

「最上位(ハイエンド)じゃよ!より『マスターピース』に近付いた、スーパー脳無じゃ!凄いじゃろう、これまでとは違うんじゃよ!!!」

 

死柄木は、ドクターにある”弾”を複製して欲しいと頼んだ。

ドクターは死柄木を見て、髪が伸びたと指摘すると、お父さんたちは元気かと尋ねた。

 

ドクターの姿が逆光で見えないトゥワイスが近寄ろうとした。

 

「来るな!!」

ドクターは怒鳴ると、更に奥へと移動した。

 

そして、近寄る時は自分からだと言うと、破ればすぐに元いた場所へ帰し、ギガントマキアにミンチにしてもらうと警告した。

 

「自分で呼んだんだろ、変なジジイだ」と気に入らない様子のトゥワイス。

「話が進まねぇ」と茶毘。

 

ドクターは、所在地を知られないように、転送で招いたと言うと、自己紹介を始めた。

「ギガントマキア同様、AFOの側近。氏子達磨じゃ。今適当につけた名じゃ」

 

そして、死柄木に向かって言った。

招いたやったのは、AFOに免じての譲歩ゆえ。

ワシの命も、技術もこの子らも、全ては偉大なるAFOに捧げたものであり、おまえは今まではそのおこぼれにすがっていたに過ぎない。

嫌ってるワケじゃなく、自分の為に、全てを捧げるに値するかどうか見極めたい、と。

 

ドクターは、少しずつ死柄木達に近付いて言った。

「何も成していない、二十歳そこらの社会の塵が、ワシに何を見せてくれるんじゃ?死柄木 弔」

 

見守るスピナー。

 

死柄木の返答は・・・

 

感想

望んで引き継いだ訳ではないのに、試される事となった死柄木。

死柄木がドクターの問いにどう答えるのか、気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.