漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【マイホームヒーロー 53話】のネタバレ。哲雄に近づく人物。

WRITER
 
マイホームヒーロー53

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

1月7日発刊のヤングマガジン2019年6号に連載中の『マイホームヒーロー 53話』のネタバレです。

ネタバレ

帰宅した哲雄は歌仙に今日の出来事を話す。

歌仙「じゃあ三人のうち
二人に会ったのね?」

零花のことを好いている人を二人だと思っていた哲雄は驚く。

 

――ベッドに入り寝静まる夜。

明日が来たら捕まってしまうのか?
今週?いや来週?
捕まらない可能性もある?

今晩が最後かもしれない そんなことを考えながら眠りにつき朝を迎えた。

いつものように台所や洗濯機の音で目が覚め、仕事に向かう。

 

 

――零花はコンビニでバイトをしている。

一緒にバイトしている男子高校生に昨日一緒にいた人は誰?と聞かれ 父親と友達だ、と答えると
仕事は?と聞かれる。

普通のサラリーマンと答えるも、質問責めの彼に少し苛立つ。

そこへ同じマンションに住む占い師がお客として現れる。

商品を陳列している零花の横に立ち

「またモテオーラを感じます」

この仕事場にもあなたを好きな人がいるという彼に
ストーカーか?と不審に思う零花。

あなたを好きな人の内の誰かはすごく危険だ、と忠告される。
零花「あたしの友達が

いい人か悪い人か判断するのは
あたしなんで」
と、キッパリ言う。

 

 

――電車でスマホを見る哲雄。

1ヶ月前の実体験を元に書いている小説が過去最高のデキで絶賛のコメントをもらっている。

この小説は限定公開にしているため、13人しか読むことはできない。

また新しくメッセージが届いている。

 

《たくま:すごく面白かったので誠に勝手ながら 知り合いの編集者に送らせてもらいました。》

 

“えぇぇっ!? なんでそんなこと事後確認で勝手にやっているんだ!?”

 

 

《確かに事後確認になってしまったことは申し訳ないですが、これだけ面白い作品なら、もっと世の中に読まれるべきです。名作は世の宝ですから!!》

 

世に出てしまえば執筆したのが自分だとバレ、殺人のことも気付かれてしまう。

哲雄は一旦非公開にすることにした。
推理小説投稿コミュニティサイトだけは仕事とは無関係の貴重な仲間だった。

 

そんな人と揉めたくないのに、学生の頃のような友人は社会人になるとなかなかできない。

もう少し慎重になるべきだった・・・と頭を抱えているとまたメッセージが届く。

 

《田字草:どうして非公開にしたんですか?》

 

田字草は一番のご新規だ。

 

 

事情を話すと、たくまは知り合いに作家や編集者がいるとよく自慢しており、要は業界人ぶ
りたいだけだ、と教えてくれた。

 

そういう人なのか・・・と納得していると、新たにメッセージが届く。

 

《田字草:ところで、あの小説広めたくない理由は・・・ 「知り合いに手伝ってもらったから実力じゃない」 ってことですが、本当は「あなたの実体験だから」 ・・・とかだったりしないですか?》

“!? カマかけてるだけか・・・!?”

 

 

《テツ:そんな訳ないじゃないですか~!?》

《田字草:ですよね~(笑) だったら面白いなと思ったんですけど。》

冗談か・・・とホッとする。

 

《田字草:よければ会いませんか? テツさんとお話してみたいです。》

《テツ:すみません。 極力ネットの知り合いとは会わない方針でして・・・。》

 

――「なぁんだ 残念 テツさんに直接聞いてみたかったな・・・」 そう呟いたのは零花と同じコンビニで働く男子高校生。

「実際には・・・どうやったのか・・・ 僕も殺してみたいなぁ・・・半グレどもを・・・」

笑みを浮かべながらスマホを覗く。

 

「やっぱテツさんと会うには 零花先輩と仲良くならないと無理か・・・ メンドくさいなぁ・・・」
(つづく)

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.