漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

マイホームヒーロー第56話のネタバレ!半グレに捕まった金井!半グレが鳥栖零花を狙う理由は?

WRITER
 
マイホームヒーロー56

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月4日発刊のヤングマガジン2019年10号に連載中の『マイホームヒーロー第56話 ~運命~』のネタバレです。

前回話の内容は下記からご覧いただけます。

ネタバレ

半グレによって眠らされた金井。
目覚めると目の前は真っ暗闇。

手は後ろで固定され、体育座りのまま体が動かない。

ドラム缶に入れられた金井は、体はテープで固定され、顔は黒い布で覆われていた。

広い工場のようなところの、ど真ん中に置かれたドラム缶。

その周りには、数人の半グレが囲っている。

金井は誰がここへ連れてきたのかも、自分がおかれてる状況もわかっていない。

 

「ようやく起きたか
鳥栖零花にこれ以上近づくな」
急に声をかけられ、驚く金井。

 

“半グレか!?
俺は・・・半グレの連中に捕まったのか・・・!!” そう金井が考えていると、冷たい水を顔にかけられる。
「鳥栖零花にこれ以上 近づくな」
この言葉と交互に繰り返し水をかけられる。

顔を覆う布が濡れ、うまく息が出来ず苦しむ金井。

 

その様子を離れたところから見ている石井信とリーダーと見られる男。
「殺したりしないんすね?」
信がリーダーの男に聞く。

 

「あいつはただの素人だ 敵意してる訳でもない ・・・脅かすだけで帰す

行方不明者届を出されたらいちいち面倒臭いからな
ただし心は完全に折る

口では「諦める」って言いながら
あとで手のひら返しをするヤツも多いからな

俺たちへの反抗心も折る」

 

苦しむ金井を眺めながらタバコをくわえるリーダーの男。 このまま最低48時間、食事と睡眠を奪って金井を文字通り不眠不休にするのだ。

彼らは一般人に拷問するときは、外傷は負わせない。

「不眠不休で拷問を受けた」と警察に訴えたところで、本気で調査をしないからだ。

 

 

――2時間後。

そろそろ疲れてきたころ、リーダーの男が金井の元へ行き、水をかけ始める。

就職した訳でもないのに突然、県外から引っ越してきて鳥栖零花と同じジムに通っていることを問い詰め始める。

「どうしてあの女に執着する?
ストーカー野郎は殺すぞ?」

金井は鳥栖零花を助けるきっかけを思い出しながら必死に耐える。

 

 

 

――当時、無一文で金井の家に転がり込んできた居候がいた。 男のスマホに写る女性のことが気になった金井はその人が誰なのか問い詰める。

そこに写っていたのは半グレの次のターゲット、人を殺して隠蔽している夫婦の娘の鳥栖零花。

 

 

金にならないことはやらない半グレが何故、零花をターゲットにしたのか・・・それは零花の 祖父だった。

元々のターゲットだった零花の祖父の情報を得るため零花に近づいたが、零花とは絶縁状態。

しかし、急に祖父が零花に遺産相続をすると言い出したのだ。

額は不明だが、組は5億以上と見ている。

 

組織は一番手っ取り早い方法で詐欺を常用しているが、空き巣・強盗・殺人もやらないわけではない。

それを聞いた金井は運命と感じていた。

これから、事件に巻き込まれる女性を事前にわかっていて、止めに行けるのが地球上で金井ただ1人。

“この娘を助けて・・・ それで出会って結婚する・・・ みたいなのが・・・俺の 運命なんじゃないのか?”

 

 

――離れたところから見ていた信は、立ち上がると金井の元へ行き、髪の毛をつかむ。 「おい 竹田さんの質問に早く答えろコノヤロー」 その声を聞いた金井は、信だと気が付く。 “やっぱり・・・半グレは信で合ってたのか・・・!!

生きて出られたらすぐ伝えないと!! 零花さんと・・・鳥栖哲雄に・・・!!”

 

――10時間後。
先程の金井とは打って変わって、げっそりと弱っている。

床に置かれた金井のスマホが鳴り、リーダーの男が手に取る。

画面に記名はなく、アドレス帳に登録はしてあるものの名前は入力していないようだ。

通話ボタンを押すリーダーの男。
『もしもし?金井か?』
その声になにか気がつく。

「その声・・・恭一か!?」

相手は哲雄と因縁深き男、元半グレ・真島恭一。 (つづく)

感想

前回、眠らされてしまった金井は、こんなことになっていたんですね。

布の上から水をかけられて、とても苦しそう・・・。

半グレの元々の目的や、金井が零花に執着する理由もわかってきました。

このまま、金井の気持ちが変わらず帰れると良いのですが・・・。

最後に電話をしてきた、恭一がどう関係してくるのか!? 次号も気になります。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.