漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

マイホームヒーロー 第58話のネタバレと感想!金井が死んでしまった理由が明らかに…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月18日発刊ヤングマガジン2019年12号に連載中の『マイホームヒーロー 第58話 ~友達の最期~』のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記からご覧いただけます。

ネタバレ

金井はなぜ、死ななければならなかったのか。悲しき事実が明かされる。 ――数時間前。

「恭一・・・!?」

金井のスマホにかかってきた電話に出た半グレ、竹田。

「竹田・・・!?
・・・・・・!?」

 

金井の電話に竹田が出たことにより、金井が半グレに捕まったことを悟った恭一。

 

竹田「お前がコイツのバックだったか!!
これで突然 引っ越してきた理由がわかったぜ!?
お前 こんな素人スパイに使って何を調べたかったんだよ!?」

 

恭一「お前が言った通り素人なんだよ・・・関係ないんだ・・・だから・・・」

竹田「逃がせって?馬鹿か?
何 部外者にぺらぺらしゃべってんだよ?
組抜けて腑抜けたか?恭一ぃ? 殺すに決まってんだろ?お前が事情を話したからな」

 

顔を布で覆われ土管に入れられた金井は、電話の向こうの恭一に向かって叫ぶ。

 

「恭一!!信だ!!信が半グレだ!!」 その瞬間、大きな物音と共に電話は切られた。
これが金井の最期の言葉・・・。

 

 

――
中学卒業以来、数年ぶりに再開した金井と恭一。

学校でなんとなく浮いていた恭一に唯一声をかけたのが金井。

ある日、突然 無一文で怪我した恭一をあの頃と変わらずに匿った金井。

それが嬉しくて恭一は鳥栖零花のことを正直に打ち明けた。

 

 

 

――

金井の家に居候する恭一。

「恭一くん

そろそろ店の準備を・・・・・・

・・・・・・!?って・・・え!?」

 

金井の父親がやってくると、部屋では涙を流す恭一が。

 

「すみません・・・ちょっと 俺・・・

金井のヤツを迎えに行ってきます」

 

荷造りを始める恭一。

「・・・!?連絡あった?

いつ帰ってくんだ?あのバカ息子は・・・」

 

驚く金井の父親に背を向け、家を出た恭一。

 

“俺は利害の中で生きていた

だから・・・縁もゆかりもない誰かを助けに行く人間が現実にいるなんて想像もしなかった

何年も離れていて見誤ってた・・・・・・アイツのバカみたいな正直さを・・・人一倍強い正義感を・ ・・

あの頃いつも一人ぼっちの俺と一緒にいてくれた優しさを・・・ 俺がアイツを殺した
お前は自分が正義の味方だから・・・
皆もそうだと思ってたかもしれないけど・・・俺は・・・・・・お前みたいに勇気のある人間じゃな い・・・”

荷物を持って歩く恭一。

 

東京に戻れば組織に捕まり殺されるため、東京に戻ることはできない。

しかし、恭一なりに戦うことを決めた。

“お前が俺に託した最期のメッセージを・・・

あの男に伝える・・・!”

 

 

――

金井のアパートの浴室で、座り込む鳥栖哲雄。

隣には浴槽で水に浸かる金井の遺体。

妻、歌仙が電話越しに心配している。

 

哲雄「俺がやれることは二つ・・・

黙ってるか 通報するかだ

通報しよう」

 

歌仙「大丈夫・・・?

哲雄さんが疑われるんじゃない?」

 

哲雄「確かに そのリスクはある・・・

でも もう・・・そんなことを気にする状況じゃない・・・

名乗り出て盗撮した映像を提出しようと思う」

 

半グレを放置しては、零花もいつどんな目に遭うかわからない。

 

匿名では、まともにとりあってくれない可能性があるため、映像を見せれば哲雄が殺していないことは証明できる。

 

金井は零花の友達で、哲雄も会ったことはあるし着信の履歴もある為、正直に言えばなんと
かなると哲雄は考える。

 

「ただ一点・・・ネックは麻取の死体が出たことだ・・・」
現場に行った時 知り合いの刑事に見られてしまった哲雄。

 

その4日後の今日また別の死体の第一発見者になった哲雄を怪しんでも不思議じゃない。

あの死体が麻取だと判明したら、警察は零花のマンションに辿り着く。

マンションには監視カメラもあり、哲雄の関与に気付くのも時間の問題。

 

「僕はもう逮捕まで秒読みの可能性があるんだ
ただ・・・これは僕の話
零花と母さんの安全は別だ」

黙って聞いていた歌仙が口を開く。

「・・・ううん・・・別じゃない・・・
私の家族は零花ちゃんだけじゃない
哲雄さんが犠牲になるのはダメ!
もっと別の手を考えましょう?」

ププッ
哲雄のスマホにキャッチが入り、一旦歌仙との電話を切る。
「・・・鳥栖哲雄
俺が誰か わかるか?」

声を聞いた瞬間、恭一だと気付いた哲雄。

“嘘だ・・・そんなはずはない・・・!!
彼は半グレに・・・!!”

「どうした?殺されたとでも思ってたか? 鳥栖哲雄・・・これからも無事でいたいんなら俺の言うことを聞け
俺は組織を潰す!
お前は娘を守るため・・・《シン》ってヤツを殺せ!!」

 

復讐の鬼となった恭一。再び哲雄と共闘体制か――!? (つづく)

感想

恭一が事情を話したことを知った竹田により、金井は殺された。

恭一の涙、金井との過去、何も知らずに心配する父。

切なくて悔しい気持ちになりました。

 

一方、哲雄は警察に通報しようか悩んでいました。

そこへ恭一からの電話。

哲雄はシンを殺すのか?警察に捕まるのか? ドキドキです・・・。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.