漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

マイホームヒーロー第61話のネタバレと感想!3人は殺されてしまうのか!?竹田の元に訪れたのは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月18日のヤングマガジン2019年16号 に連載中の『マイホームヒーロー 第61話 ~どっちだ?~』のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧ください。

マイホームヒーロー 第61話のあらすじとネタバレ

 

「仲間三人を殺せ」

窪より非情なる命令を受けた竹田。

進むも退くも地獄しかない。

ガスを吸って気を失っている三人の真ん中で立ち尽くす竹田。

 

 

――
組織ができたのは三年前。

裏稼業で何人も人を殺してきたと噂される窪を・・・リーダーに据える形で志野が結成した。

 

竹田は二年半ほど前から所属する最古参の一人、組織の正式メンバーは二十人強。

コネで入った延人を除いて訓練過程を突破しなければ所属できない。

訓練期間中・・・八割はその過程でふるい落とされ ほとんどが二十代前後の彼らは しのぎを削 りながら やがて戦友になっていく。

組織は信頼と恐怖と連帯感で繋がっていて、味方を売るような裏切り者は一人もいなかった。

仲間意識が強かったのもあるが、裏切った人間は窪に殺されるだろうことも今まで裏切りがなかった理由の一つだろう。

“裏切り者を生んだのは俺のミスだ・・・ アイツのダチを殺したばっかりに・・・

俺は本当に この三人を殺すのか? 仲間を・・・手にかけるのか? この三人を消したあと俺は助かるのか?

本当は この作業を終えたあとに俺も消されるんじゃないのか?

 

・・・殺さないとしたら俺を残す理由は?

・・・三人が逮捕状を取られた以上 俺も

・・・これから取られる可能性は0じゃない

その時点で俺も消されるのか?どうする?

恭一のように逃げ切れればわからないが逃げきれなければ

・・・命令違反をすれば窪さんから 命を狙われる・・・
だが四人がかりなら?三人を起こして

・・・事情を説明して

・・・一緒に窪さんと戦うか? 勝ち目は薄いが

・・・こっちには銃もある・・・
でも立ち向かったとして これが・・・俺の杞憂なら?

 

窪さんには初めから俺を殺すつもりがないとしたら?

仮に窪さんを倒したとしても志野さんたちに狙われることになる そしたら絶対に助からない・・・

やるしかない・・・”

 

考えを巡らせ、殺すことを決意した竹田は倒れている一人に銃を向けた。

しかし、銃で撃つと血の処理が面倒な為、紐にすることに。

眠る男の首に紐をかけ、竹田は力一杯に絞めた。
ぐぐぐぐ 「はぁっはぁっはぁっ」 ぐぐぐぐぐ 「はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ・・・
・・・あと・・・二人・・・」

 

――
残りの二人にも手をかけ、外に出た竹田。

そこは山奥、必死にスコップで穴を掘った。

「はぁっ はぁっ

こんなもんか・・・?」
「よう」
!!
誰かに呼ばれ振り返ると、窪が立っていた。

念の為に見に来たという窪だが、四六時中飛び回っている窪がわざわざ現れるということは
優先順位が高い事態という証拠。

“三人の遺体確認か?
俺も含めて消すことか?
なぁ教えてくれよ
こういう時・・・お前ならどうする?”

竹田は訓練生時代の恭一を思い出した。

当時まだ十代だった恭一と、社会経験のある竹田は七歳ぐらい離れていた。

 

しかし、総合成績はいつも恭一が1位で竹田が2位。

当時は、若くして窪に気に入られていた恭一に嫉妬していたが、今はそれでも逃げ出せた彼に聞きたい。

 

“お前ならどうする? 窪さんに従うか?戦うか?逃げるか? 俺だってお前みたいに生き残りてーんだよ”

竹田は、シャツの下に隠してある銃に手を置き窪に聞く。

「俺は・・・生きて家に・・・帰れますか?」
「・・・んー
お前次第じゃねぇ?」

!! それを聞いた竹田は、素早く銃を取り出し窪に向けた。

 

しかし、それよりも早く窪は竹田に銃を向け竹田の額に玉を放った。

 

埋めるはずだった三人の上に倒れ込む竹田。
「・・・判断遅せーよ
俺が ここに来た時点で もう殺されるって わかっただろうがよ もしかしたら勘違いかもしれないとでも思ったか? ちゃんと自分の頭で考えろよ
・・・だからお前はダメなんだよ」

 

――
表情一つ変えず、額に一発。
無慈悲な半グレのトップを前に竹田、散る――。

(つづく)

感想

竹田の組織人生、最期のお話でした。
竹田も表情一つ変えずに人を殺す人格なのだと思っていましたが仲間意識があったんですね。

三人を殺すシーンは緊迫としていました・・・。

結果、窪により殺されてしまった竹田。

自首した恭一の組織を潰したいという願いは叶うのでしょうか?

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.