漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

【ONEPIECEワンピース 929話】のネタバレ。

WRITER
 
ワンピース929

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

週刊少年ジャンプ2019年6号7号合併号に連載中の「ONEPIECE(ワンピース)」929話のネタバレです。

前回の話がまだの方は下記にまとめています。

ネタバレ

ワノ国『花の都』

 

「花魁がべっぴんだってのがサボリの理由になんのか!?フラ公!!!」

カイドウの屋敷を建てた男である伝説の大工”港友”は、そのもとで働くフラ公ことフランキーを咎めた。

だがフランキーは悪びれる様子もなく、「いい女がいるモンっスね~♡」と二ヤケ顔で謝る。

港友も本気で怒るわけではなく、人の10倍働くフランキーは少しくらいサボってもいいと認めた様子だった。

ふいに港友は言った。

「でもおめっちが再三言ってた、鬼ヶ島の『屋敷図』が見てェって件だが・・・」

「おお!?ついに!?」と興奮するフランキーだったが、

「10年くれェ前に・・・『質』に入れちまってた!!テヘ♡」とはにかむ港友。

その言葉にキレて、港友に掴みかかるフランキー。それを見た他の大工たちがフランキーを止めようと殴ったが、怒りが頂点に達したフランキーは”フラの介ランチャー”をお見舞いし、建物を破壊。クビになった。

港友が屋敷図を持っていると言うから何週間も働いてきたフランキーだったが、アテが外れてしまった。

 

飛び出したフランキーは、魚を売っている光月家家臣・カン十郎に会った。

カン十郎が”タイ”と言い張る魚は子供が描いたような怪しげな魚で、面白がった子供たちが集まって目立っていた。

フランキーはカン十郎にアテが外れたことを知らせ、港友が屋敷図を入れた質屋へ向かった。

 

しかし、質屋で話を聞くと、すでに長屋のクマ五郎に売られてしまっていた。

クマ五郎の元に行くと、店賃代わりに大家の幸ベエに持っていかれ、さらに幸ベエはお気に入りの芸者のきせ川へ。鍋敷きに使っていたきせ川から時ジローが持っていき、それをらくだという男が高く売れると持って行ったが、『九里』から来た顔を隠した男に奪われていた。

フランキーは『九里』の廃村にいる錦えもんに連絡すると、その件は錦えもんが引き継いだ。

錦えもんは他にカイドウの屋敷図を必要とする者が誰なのか心当たりがある様子だった。

そんな錦えもんはイヌアラシやキャロット達と共に、カイドウの手下たちから食糧や武器を奪ってきては、「頭山盗賊団参上 酒天丸」と書かれた札を置いてきていた。

 

『ワノ国「希美」跡地』

 

ゾロは太鼓持ちのトの康(通称ヤス)と一緒に歩いていた。

陽気でおしゃべりなヤスに寿司代を払ってもらったゾロ。次の宿場で大博打を打つとツキまくり、怒った博徒である狂死郎一家の三下どもを倒した時の話を興奮気味に話すヤス。

そんな二人の目に「花の都」と、その手前に「えびす町」というヤスの町も見えてきた。

『「花の都」オロチ城』

 

将軍・黒炭オロチが、隠れ蓑であるドフラミンゴがいなくなった今、直接交渉し武器の売買をするしかない男達に対し、足元をみた取引をしていた。

自給自足が出来ているワノ国に次に必要なのは”更なる力”だと言うオロチ。今回は「戦艦」で手を打ったが、次は「Dr.ベガパンク」を要求した。

不可能だと拒絶する男にいきなり発砲し、自分のバックにはカイドウがついていることを強調した。

 

その後、いくつもの襖を開かれると現れるオロチ。好物の料理や酒を用意した宴会の間には、評判の芸者達も。

その中にはおロビことニコ・ロビンや花魁・小紫もいた。

小紫の姿を見て興奮したオロチは上機嫌で宴会を始めた。

 

その一方で、荒れた土地に転がる人骨と、工場の煙突から出る真っ黒な煙にむせる声。

 

その頃、トラファルガー・ローがサンジに隠れるように伝えに来ていた。

士返しなら返り討ちにしてやると意気込むサンジだったが、来ていたのはサンジ達の顔を知る、百獣海賊団”飛び六胞”の”X・ドレーク”と”ページワン”だった。

さらに、ある男を追ってきたという”ホーキンス”は「任務以上の収穫がある筈だ、ドレーク」と不気味に呟くのであった。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.