漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

ワンピース933話のネタバレと感想!小紫の死!?未だ記憶をなくしているビッグ・マムは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月18日発売の2019年第12号、週刊少年ジャンプ連載の「ONEPIECE」933話のネタバレです。

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

ネタバレ

 

混乱の天守!!

 

「オロチ様~!!怒りをお鎮めください!!」

悲鳴の上がる宴の間。

 

「勿体なきその美しさ・・・!!お前の頭を噛み砕きたくない。謝意を!!心より命を乞えば・・・!!罪を軽くしよう・・・!!!」

 

『へびへびの実』の能力によって、八岐大蛇に変身したオロチは小紫に言った。

だが、小紫は、

「未練・・・?惚れるが負けと、申しんす・・・」と、きっぱり断った。

 

それを聞いた男達は、挑発するのはやめるように叫んだ。

 

小紫は動じることなく続けた。

「わちきは・・・命を乞いはせぬ」

 

「おのれェ~!!!」

オロチは怒り狂うと、逃げまどう男達に襲いかかり、暴れまわった。

 

そして、

「よかろう小紫!!!望み通り、わしの手にかけてやる・・・!!」と小紫をバクン!!と咥えた。

 

「小紫様!!」上がる悲鳴。

 

大黒に向かって、忍者達を使って将軍を止め、花魁を助けるように命令する男。

だが大黒は、将軍は自由であり縛れるものは何もないと断ると、そんな事より現在”侵入者”と対峙中だと言うと、ロビンと向き合った。

 

その様子を見た芸者達は、ロビンが侵入者だという事に驚いた。

 

おトコはこんな状況でも笑うと、ロビンに小紫を助けるようにお願いした。

だがロビンは、将軍を怒らせたおトコを助けだせるかもわからないと言った。

 

その時、廊下の奥から「助けてくれ~!!呪い殺される!!!」と逃げてきた忍者、風刀と雷刀。

「妖怪”がしゃどくろ”が実在した」と逃げまどう忍者達の後ろから追ってきたのは、幽霊に化けたブルックだった。

 

その姿を見たおトコは泡を吹いて気を失った。

ロビンはブルックの働きを褒めると、”千紫万紅(ミル・フルール)”と”巨大樹(ヒガンテスコ・マーノ)”を使い、忍者達に攻撃を仕掛けた。

 

その様子を屋根裏から見ていたナミとしのぶ。

もう忍んでる意味はないと、出て行こうとしたその時、ナミの後ろから現れた忍者半ぞう。

 

しのぶに向かい、

「生きていたのか・・・!!男を惑わす”悩殺くの一”、男殺しの”しのぶ”!!」

と、色気のあるしのぶを思い浮かべた。

 

しのぶは挑戦的に半ぞうを見ると、「ふふ、よくわかっ・・・」と言いかけたが、丸々と太ったしのぶを見て、「いや、人違いの様だ!!」と食い気味で否定した半ぞう。

 

しのぶは、「わたすだよ!!」と叫ぶと、「忍法”金玉潰し”!!!」と半ぞうの股間に攻撃を仕掛けた。

 

「それ忍術!!?」とツッコむナミ。

 

そして、たまらず倒れた半ぞうは、苦しげに呟いた。

「ウウ・・・これが・・・男・・・殺し・・・」

 

「そういう意味!?」再びツッコむナミ。

 

痛みで動けない半ぞうに、「忍法”金縛りの術”!!」と叫んだしのぶ。

 

「後付け!!」とさらにツッコむナミ。

 

そして、しのぶは「”熟々忍法(セクシー忍法)””枯散衰”!!」と唱えると、天井板を溶かし、小紫を咥えたオロチの頭上へと落下した。

 

オロチは悲鳴を上げ、思わず咥えていた小紫を落とした。

 

天井が崩れ、メチャクチャになった宴の間。

屋根裏から落ちてきたナミとしのぶを見て、男達はどこのくの一だと叫んだ。

そこへ、通りかかったブルックがナミに「うらめしや!!」と挨拶をした。

 

その時、落ちた小紫の前に立った狂死郎が、刀を抜きながら聞いた。

「やってくれたな・・・小紫。覚悟は?」

 

「ありんす」

笑顔で答える小紫。

 

その様子を見て、慌てて止めようとした男達。

だが、狂死郎の刀は小紫を斬った。

 

驚愕するオロチと、ロビン、ブルック、ナミ、しのぶ。

 

口から血を流し、倒れる小紫。

 

薄笑いを浮かべた狂死郎。

 

「花魁が斬られたァ~!!!」

 

またもや悲鳴に包まれる宴の間。

 

小紫に駆け寄る芸者達。

倒れた小紫を見て嘆き悲しむ男達。

 

「何をする狂死郎!!!誰が殺せと言うたァ!!!」

オロチは怒り狂い、狂死郎に詰め寄った。

 

狂死郎は小紫への”武士の情け”だと答えた。

そして、「将軍」に歯向かえば誰であれ大罪人であり、鉄の掟だと言った。

 

己の忠誠心を見せるためにやったのかと驚愕する男達。

 

狂死郎は、ふと小紫が手に持っていた紙に気付き、それを見て驚いた。

そこには、錦えもんの作った光月家の図案が描かれていた。

 

「小紫・・・!!!」

涙を浮かべ、横たわった小紫を見るオロチ。

そして、ロビンの抱えたおトコに向かい叫んだ。

「その・・・ガキを渡せェ!!!食い殺してくれる!!!」

 

またも暴れ出したオロチは、建物を破壊した。

 

ロビンはおトコを抱えたまま逃げまどった。

オロチは、おトコが笑わなければこんな事にはならなかったと叫び、おトコを庇うロビンに対しても何者かと聞いた。

 

ロビンを助けようと、ナミが「ゼウス」を呼び出した。

 

その頃、ブルックが攻撃をしてこないことに気付いた忍者達。

 

そこへ、部下達を宴の広間に集め、侵入者を捕えて、妖怪を退治し、オロチの暴走も止めるように命令する男。

 

その時、閃光が走り、ナミが伏せるように叫んだ。

「”忍法”!!”雷”!」

 

ナミによって投げられたゼウスがオロチの元へ飛んだ。

「”霆”!!!」

 

ドッカァン!!!

 

ナミが叫ぶと同時に、落ちた巨大な雷。

 

翌朝、『ワノ国 九里「おこぼれ町」』

 

記憶をなくしたビッグ・マムに、チョッパー達がおしるこを食べさせていた。

少しの量で申し訳ないと謝るお汁粉屋のつるに対し、食べ足りないが、あんたも貧乏なのにありがとうとお礼を言うビッグ・マム。

 

チョッパーがモモの助達に確認した。

「ホントに行くのか?記憶が戻ったら終わりだぞ!?」

 

待ってる方が辛いし、チャンスだと答えるモモの助達。

 

そこでチョッパーがビッグ・マムに話しかけた。

「あのー」

「何だい?かわいいチョパえもん♡ おて」

「・・・!!」

 

ビッグ・マムは笑顔で言った。

「『うどん』?そこに”おしるこ”がいっぱいあるのかい?なら、今すぐ行こう!!」

 

ノリノリおリンさん!

 

『「決戦」の日まで、あと九日!』

 

感想

リンとした態度の小紫は格好良かったです。

小紫が本当に死んでしまったのか、狂死郎が拾った紙が何を表わしているのか、気になります。

記憶をなくしたビッグ・マムと一緒に行動するチョッパー達の、今後の展開も気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.