漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

親愛なる僕へ殺意をこめて45話のネタバレと感想!B一の策略だったのか!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

5月20日発刊の2019年25号ヤングマガジンに連載中の「親愛なる僕へ殺意を込めて」45話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

 

それでは45話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐ親愛なる僕へ殺意をこめて45話が連載されている週刊ヤングマガジン25号を無料で読むことができます!

 

→U-NEXT公式サイトはこちら

 

親愛なる僕へ殺意をこめて45話のネタバレとあらすじ

「猟奇殺人鬼の息子」としてこの世に生を受けた20歳の大学生・浦島エイジは、雪村京花殺人容疑の疑いで逮捕された。真明寺麗は真相を確認するためにエイジと対面した。すると、エイジはもう一人の人格であるB一に交代していた。B一は過去を振り返り、父親と母親を死に追いやった真犯人を捜し出し、復讐すると決意。だが、幼き日のB一は、後の義父・浦島亀一の娘・乙にその決意を知られてしまった・・・。

 

B一の元へ、本や雑誌、少しの現金を差し入れた浦島。

 

12月2日金曜日。

 

「ちゃんとご飯は食べてるか?エイジ」と優しく聞く浦島に、B一は何も答えなかった。

ふと、浦島の手の怪我に気付いたB一は、浦島に尋ねた。

浦島は、アイロンで自分の手を焼いてしまったと言って笑い、普段家事を妻に任せっきりにしていたツケだと言った。

母について聞いたB一に、浦島は、体調を崩して寝込んでいるが心配するほどのことではないと言った。

乙も変わりがないと言う浦島の口元の無精ひげや、薄汚れた袖を見て、B一は謝った。

「ゴメン父さん・・・俺のせいで・・・」

謝罪は十分だから謝るなという浦島に、B一はもう一度謝った。

 

浦島は小さくため息をつくと、「ちょっと昔を思い出してな。今日はこんなものを持ってきた」と言って、鞄から手紙の入った箱を取り出した。

それは、まだB一が施設に居た頃に浦島へ送っていた手紙で、浦島は今でも全部大事にとっておいたのだった。

自分と文通していたことを覚えているかと聞く浦島。

浦島は、B一の返事を待たずに、きっかけがなんだったかを思い出すと、語り出した。

 

B一の誕生日に乙を連れて施設へプレゼントを渡しに行った時、B一ともつれ合って転んだ乙が泣き出してしまい、自分もB一を盛大に泣かしてしまったと語る浦島。

黙って聞いているB一。

 

後日、B一の方から手紙をくれて、てっきり誕生日プレゼントのお礼だと思った浦島だったが、そうではなく、その内容は乙を泣かしてしまったことの謝罪ばかりだった。

「それがなんだか子供らしくなくて、妙におかしくてなぁ」

そう言って微笑む浦島。

浦島は、こんな境遇にいるのに、まず他人の心配が出来る子なのかと、B一の心の優しさに触れた気がして感心もしたと語った。

 

「今思えば、あの日から私達の手紙のやり取りが始まって・・・こうして私達が家族でいるのも、この文通があったからなのかもな」

変な話をしてしまったと言って謝る浦島に、B一が言った。

 

「父さん、俺はやってない。・・・って言ったら、父さんは信じてくれる?」

 

浦島は満面の笑みを浮かべて言った。

「ああ、もちろん」

 

そして手紙の入った箱に両手を添えながら続けた。

「言っただろ。お前は心根の優しい子だと」

 

「私は信じるよ。エイジを」

その言葉を俯きながら聞いていたB一。

「・・・ありがとう、父さん」

 

【嘘ではありません。感謝の気持ちは本心です】

【俺のほうこそ、アナタのその”優しさ”に救われました】

【”復讐”がすべてだった俺にとって・・・アナタの”優しさ”がなければ・・・】

 

B一が幼い頃の浦島家。

 

「エイジ君はもう寝たか?」

「ええ」

浦島は、食器洗いをする妻に尋ねた。

「・・・どうだ母さん。これからあの子と家族としてうまくやっていけそうかな」

「養子縁組(それ)ばっかりはやってみないと、なんともねぇ」

「・・・すまないな。俺の無茶に付き合わせてしまって」

俯く浦島に、無茶は今に始まったことじゃないし、それを承知で一緒になったと言って、力こぶを見せる妻。

そんな妻に、浦島は申し訳なさそうに微笑んだ。

 

そこへ乙が現れ、自分の人形が無くなったと母に言った。

浦島は、乙に、もう遅いからベッドに行くように促すと、人形は自分が捜しておくと言った。

人形の名前はモモで、赤い髪だと説明する乙を抱き上げ、浦島は、エイジとも仲良くしてくれるように頼んだ。

乙は、しぶしぶ頷きながら、「そればっかりはやってみないとなんともなー」と答えた。

「え・・・乙。今なんて・・・。・・・まったく」

浦島は思わず笑ってしまった。

 

深夜、トイレに起きた乙は眠い目をこすると、廊下に人形のスカートが落ちているのを見つけ、慌てて駆け寄った。

「モモのスカートだ!」

そこはエイジの部屋の前だった。

少し開いたドアから光が漏れているのを見て、思わず部屋に入った乙。

その目に映ったのは、片目がなく、足は引き裂かれ、カッターやハサミ・コンパスの刺さった、傷だらけのモモの姿だった。

「・・・モ、・・・モ?」

驚愕する乙の後ろからドアの音が聞こえた。

振り向くとそこには、ドアの陰に無表情に立ったB一の姿があった。

 

【アナタの”優しさ”がなければ・・・俺は、辿り着けなかった】

【俺の”秘密”を知った、アナタの娘に・・・】

 

B一は、復讐と無数に書かれた紙を見せながら、乙に言った。

 

「これを・・・覚えているか?」

 

涙を流し、青ざめる乙。

 

許さない、絶対に。

 

親愛なる僕へ殺意をこめて45話を今すぐ無料で読む方法

 

親愛なる僕へ殺意をこめて45話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は無料で読める「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料で親愛なる僕へ殺意をこめて45話が連載されている週刊ヤングマガジンが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

感想

B一が逮捕されたことにより、浦島一家が辛い目にあってる事が想像できます。

幼少期にB一が浦島に出した手紙は、自分の決意を知ってしまった乙と出会うための、B一の策略だったのでしょうか。

だとしたらとても恐ろしく、秘密を知ってしまった乙が心配です。

今後の行方が気になります。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.