漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

親愛なる僕へ殺意をこめて48話のネタバレと感想!SKALLが経営するクラブで…

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

6月10日発刊の2019年28号ヤングマガジンに連載中の「親愛なる僕へ殺意を込めて」48話のネタバレと感想です。

前回の内容は下記からご覧いただけます。

 

それでは48話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐ親愛なる僕へ殺意をこめて48話が連載されている週刊ヤングマガジン28号を無料で読むことができます!

 

→U-NEXT公式サイトはこちら

 

親愛なる僕へ殺意をこめて48話のネタバレとあらすじ

 

父親のアリバイ捜しが暗礁に乗り上げたB一。

友人達に連れられ、『SKALL』が経営するクラブへ。

 

「カンパーイ!!」

グラスをぶつけ合い、乾杯するB一とその友人たち。

そこへ、ボーイが4人の女性客を連れてきた。

「お客様、よろしければ、こちらの女性の方々がご一緒したいと」

 

「ドーモー」

派手な雰囲気の女性達を見て、B一達4人のテンションは上がった。

「シャンパン追加でぇ!!」

 

大音量の音楽が響く中、女性達と酒を飲みまくり、盛り上がるB一達。

 

「浦島エイジ!一旦トイレに行って参りマース!!」

B一は敬礼のポーズで宣言した。

「コラ、エイジ!秒で戻ってくるんやでぇ!!」

「でないとお前のとっておきの”秘密”、バラしちまうぞ~」

酔った友人達に、B一はおどけた様子で親指を立ててみせた。

 

背を向けて歩き出したB一の顔からは、徐々に笑みが消えていった。

怒ったような表情で前を見据えるB一。

 

B一はカウンターで酒をあおり、飲み干したグラスを勢いよく置いた。

 

『行き止まり』

 

【結局、新しい証拠や証言は何一つ出てこないまま、父さんのアリバイ証明は行き詰まってしまった・・・】

 

ため息をつくB一。

 

”くそっ・・・、くそくそくそくそ!”

悔しげな表情を浮かべ、拳を握るB一。

 

B一はスマホを手にし、LL事件についての記事を見つめた。

 

『LL事件の謎』というタイトルで書かれたその記事には、八野衣真ことLLが、自殺直前に、自身のSNSアカウントに、「また殺す LL」という謎のメッセージを残していたと書かれていた。

 

”父さんが最後に残したとされる書き込み・・・。真犯人がいるなら、これは父さんからのメッセージかもしれない・・・”

 

【『(この犯人は)また・・・殺す』。これなら意味が通る・・・】

【だとしたら、”LL”は真犯人を指し示すもの・・・】

 

LLとは何を指しているのか考えるB一。

”教えてくれよ、父さん・・・。LLって・・・、一体どう意味なんだよ!”

 

その時、B一の隣に来た女性がボーイに酒を頼んだ。

不意に隣を見たB一の目に、少し寂しげな表情を浮かべた、美しい女性の顔が映った。

 

そこに、「葉子!」とその女性の友人が声をかけてきた。

それは、B一達が一緒に酒を飲んでいた女性達の一人だった。

B一は背を向け、伊達メガネをかけた。

 

VIP席で、はぶりのいい大学生達と飲んでいると話す女性。

「その男の子達の一人がね・・・、”殺人鬼の息子”なんだって」

 

その言葉にショックを受けるB一。

 

女性は、B一が聞いている事に気付かずに続けた。

「私、そんな人に初めて会ったけど、マジ無理だわ」

空気もビミョーになったから、トイレから戻ってくる前に逃げ出してきたと言う女性。

 

「・・・殺人鬼の息子か」

葉子が静かに呟くのを聞いて、B一は肩越しに振り返って見た。

 

女性はまんざらでもない様子の葉子に、「え、なに葉子、そういう悪い男系がタイプ?」と聞くと、「やめときなよ」と忠告した。

見た感じは優男だったが、ああいうタイプが一番危ないヤツだと続け、包丁を持つフリをしながら言った。

「あんなのに目ぇ付けられたら、いきなり襲われて、ブスッと殺られちゃうかもよー」

 

葉子は口元に笑みを浮かべて、「いいね」と言った。

「私を、殺してほしい」

真っ直ぐ前を見つめながら言う葉子の目に、B一は釘づけになった。

 

女性は「何それジョーダン?」と戸惑いながら、「葉子ってたまにワケわかんないこと言うよね」と言った。

笑顔を見せる葉子。

その葉子を、B一は見つめた。

 

そこへ、柄の悪い大柄の男が現れると、葉子の耳元で何か囁いた。

葉子は投げやりな様子で「はいはい」と答えると、どこかへ向かった。

男の後ろ姿を見たB一の目に、上着に書かれた『SKALL』の文字が映った。

 

伊達メガネを外し、手元のスマホで『SKALL』について調べたB一。

 

【『SKALL』。元暴走族のメンバーで構成された半グレ集団】

 

奥まで歩いて行った葉子は、ボーイの案内で席に座った。

 

【主なシノギは、『クラブ経営』『金融詐欺』『違法ドラッグの売買』】

 

本名かと聞きながら、葉子の足を撫でまわす男。

 

【そして、『売春』】

 

無表情で、男にされるがままになる葉子。

 

B一は、再び飲み干したグラスを静かに置いた。

 

【・・・なるほど。「私を殺して」、か】

 

”・・・悪いが、他人にかまってる暇はないんでね”

 

その時、『SKALL』の画像を見ていたB一は、一枚の写真が目にとまった。

背中に彫られた刺青を自慢げに見せる男達の写真。

そこには、『I Shall Kill Again』と書かれていた。

 

B一は、慌ててメモ帳を取り出すと、同じように『I Shall Kill Again』と書いた。

そして、そのメモを破くと、『また殺す LL』と書いた。

 

【I Shall Kill Again LL】

 

大文字だけを抜き出したB一は驚愕した。

 

【・・・これは】

 

【SKALL】

 

その時、耳に大量のピアスをつけた坊主頭の男が、タバコを吸いながら入ってきた。

B一は、その男をジッと見つめた。

 

”・・・『SKALL』(こいつら)”

 

”まさか、『LL事件』と何か繋がりが?”

 

『SKALL』と『また殺すLL』の奇妙な符合。諦めかけていたB一の目に再び光が宿る。

 

親愛なる僕へ殺意をこめて47話を今すぐ無料で読む方法

 

親愛なる僕へ殺意をこめて48話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は無料で読める「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、今すぐ無料で親愛なる僕へ殺意をこめて48話が連載されている週刊ヤングマガジンが読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

 

感想

友人が自分の秘密をバラしたことを知ってショックを受けたB一が気の毒になりました。

そんな時、たまたま見かけた葉子に惹かれている様子のB一。

さらに、『SKALL』と、父の残したメッセージである『また殺すLL』がどう関係しているのか。

次の展開が気になります。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.