漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

それはまるで雨傘のように第6話のネタバレと感想!いよいよ3人と集まる日!弥生を襲った出来こととは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年3月13日発売の2019年4月号別冊フレンドに連載中のそれはまるで雨傘のように第6話のネタバレと感想です。

 

前回の内容は下記からご覧ください。

それでは6話のネタバレをどうぞ!

 

ちょっとその前に、もし文字だけでネタバレを読むより実際に漫画で内容を見たい場合は「U-NEXT」を使うと今すぐ「それはまるで雨傘のように」を無料で読むことができます!

 

→U-NEXT公式サイトはこちら

それはまるで雨傘のように第6話のあらすじとネタバレ

 

誰もいない職員室でーー

 

どこかに電話をかけているが出ないから切る都築先生。

 

はぁ…やっぱり繋がらないか…

電話をかけたのは城崎まどかの家だった。

 

そこに坂本先生が現れる。

お互いまだ残ってたんですかと話す。

 

坂本先生は英検の準備で残っていたらしい。

 

お前は?と聞かれ弥生さんの件でと答える都築先生。

何でわざわざ電話を?と聞かれ、弥生から3人と話をしたいから集めて欲しいと言われ連絡をしていたと話す。

 

城崎は三者面談の書類もずっと未提出だったから気になって電話はいれていたようだ。

 

この時間でも電話に出ないことを心配している都築先生。

 

疲れた様子の都築先生を見て、坂本先生は前から思っていたけど弥生さんはお前のこと好きになっちゃったりしないわけ?と肩に腕を回し聞いた。

 

無言で何も言わない都築先生を見て坂本先生は怒らせちゃったかもと言い訳をする。

坂本先生「都築って博愛主義みたいなとこあるだろ?そんな手を貸してたら思春期の子は勘違いしちゃうんじゃないかって」

 

坂本先生は心配してるらしい。

 

都築先生は正直バランス難しいと話す。

都築先生「俺にできることは限られてるし 彼らには自分で解決する力をつけて欲しいから」

 

(干渉しすぎて自立を妨げたら教師として本末転倒 でも彼女を見てるとどうしても…)

 

坂本先生「都築…」

都築先生「とにかく決めたことはやる」

 

都築先生の1人完結して頑張ってる姿に坂本先生もあんま無理すんなよと応援してくれた。

 

ーー翌日

15時15分

 

時計を見てそろそろだと保健室で今朝届いたスマホのメールを見る弥生。

 

都築先生が15時半に3人を視聴覚室に呼び出したこと、ひと気の多い廊下を通りづらいのであれば外階段から登ってきてくださいね、裏口を開けておきますという配慮の連絡だ。

 

弥生は城崎さんと相沢くんのこと責めるつもりはない。でも2人の関係を認めてもらわないと恵子の誤解は解けないと考えていた。

 

上手く行ったら先生に頭撫でてもらえると気合を入れる弥生。

 

そしたら実らないこの恋にもけじめをつけなきゃと。

 

外階段を登りかけた時、後ろから「ねえ」と引っ張られた。

 

ーー視聴覚室

早めに来ていた都築先生は時計を見て来ないな…と言った時、ガチャっとドアが開いた。

 

最初に来たのは恵子。

 

恵子の顔色が悪いことを心配する都築先生。

恵子は大丈夫だから心配いらないと答える。

 

落ち着かないから机の上にあったプリントのホチキス止めを手伝う恵子。

 

2人でホチキス止めをしながら話す。

恵子「…紗南元気ですか?」

 

都築先生「は はい!まだ全開そうではありませんが一時の落ち込みからは日に日にたくましく…」

 

恵子「あはは…そっか」

 

都築先生「弥生さんが、気がかりですか?」

 

恵子「うんまぁね」

 

それならと言った時、友だちに戻るつもりはないときっぱり言う恵子。

 

思わずえっ…と、声が漏れた都築先生だが、3人が来ないことに話題を変えた恵子に様子を見てくると席を立った都築先生。

 

 

ーー用務室

 

腕を引っ張られて連れてこられた弥生。

連れてきたのはまどかだった。

 

弥生は視聴覚室に呼び出したのは私ということと、4人で話し合いたいから一緒に来てほしいことを伝える。

 

弥生はただ恵子と仲直りしたくてと言った時、まどかはあはははと笑い1人じゃ何もできないくせに。大人使ってヒキョーだね。担任にまで色目使ったの?と。

 

恵子は全部知ってるから。まどかと樹が全部話したからと続けるまどか。

 

まどか「知っててそのままでいたってこと

わかった?ここにあんたの居場所なんてないから

うざいから消えなよ」

 

そう言って帰ろうとしたまどか。

 

足も身体も砕けそうな弥生。

そんな時、都築先生の言葉を思い出す。

「あなたは1人ではありません」

 

弥生はまどかに言い返す

「あたしは…

それでもあたしは

あたしの中の恵子を信じてる

だから諦めない

真実を伝え続けることをやめない!」

 

そこに恵子が現れた。

恵子は弥生の腕を引っ張り、まどかと2人でいちゃだめと連れ出す。

 

その時、あの時の上級生を目にした弥生は恐怖で動けなくなってしまう。

 

「のこのこ学校にくるからそんなことになるんでしょ」と笑い近づくまどか。

 

「来ないで!」と弥生を抱きしめてまどかに言う恵子。

 

「紗南に近づかないで」

と言う恵子を見て弥生は涙を浮かべ泣き出す。

 

その様子に恵子はあたふたするが、弥生は恵子と元の関係に戻れたことに嬉しいようだ。

 

恵子は弥生にごめんねと謝り、まどかに「いっ君のこと本気で好きなんだよね?」と聞く。

 

まどかはそんなんじゃないしと答える。

 

恵子「思い通りにいかないからってこんなことしててもずっと苦しいだけなんじゃない?

あの人はまどかのこと好きにならないよ!」

 

まどか「でもあんたは彼女になれたじゃん」

 

ハサミを手にしたまどかは恵子に襲いかかる。

とっさに弥生は恵子の前に飛び出し…

 

恵子「紗南!!」

 

「それはまるで雨傘のように」6話を今すぐ無料で読む方法

 

「それはまるで雨傘のように」6話のネタバレはいかがでしたか?

文字だけでは表情など細かい描写はお伝えできないので、やっぱり漫画で見たい!読みたい!!という場合は無料で読める「U-NEXT」を使ってみてくださいね!

やっぱり漫画で読むと面白さ倍増ですよ!

 

 

「U-NEXT」は無料お試し期間があるので、無料で「それはまるで雨傘のように」が読めるんです。

もし漫画で読みたいと思ったらお試しくださいね。

 

1ヶ月間の無料お試しで600ポイントがもらえて、解約金なども一切なく解約も簡単ですし日本最大級のサービスなので、そういったところも安心です。

感想

 

あの状況、弥生は傷を負ってしまう気が…

まどか危険人物すぎる!

次回が気になりすぎますが、ひとまず置いといて…

 

恵子は先生に友だちに戻るつもりはないと言ったけど、本気ではなかったようで安心しました。

 

先生も何だかんだ弥生のことは生徒以上の気持ちがあるっぽい気がするのは私だけでしょうか?

 

弥生の運命は…次回まで待てない!

 

過去の内容は下記からご覧いただけます

それはまるで雨傘のようにのネタバレ一覧

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.