漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

十勝ひとりぼっち農園58話のネタバレ!編集長はゲームしかやっていないと軽蔑していた園長が驚いた内容とは!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年2月13日発売、週刊少年サンデーに連載中の

『十勝ひとりぼっち農園 ~おいしいカレーができるまで~ 58 にゃんこ隊、襲来!!!』のネタバレです。

 

前回話は下記にまとめていますので、まだの方はどうぞ。

 

ネタバレ

 

7月の北海道は暑すぎず、寒すぎず、湿気もゼロの1年でー番の観光のハイオシーズンです。(・・・例年は!!)

 

しかし今年は違います。

 

雨が降っている中、じっとりとした北海道に編集長と担当が飛行機に乗ってやってきます。

 

空港から出た編集長は「北海道は梅雨はないんじゃねぇのかよ・・・」と、ゲームをしながら話し掛けます。

 

横山園長は「ずっとこんな調子なんスよね・・・」と気まずい様子で答えます。

 

レンタカーを借りていた3人は車に乗り込みます。

 

横山園長は十勝新聞を出し、雨による日照不足での悪影響が懸念される記事を読み、

「長雨のせいでウチの農園もピンチかもしれないんスよね!!」と泣きごとを言います。

 

「お前が引っ越してきたせいだな。雨男め。」とつぶやく編集長。

 

そんな中、編集長が運転する車はジンギスカン屋さんに到着します。

 

「なんでジンギスカン食べに来てんスか!!農園見に来てくださいよ!!」と言いますが編集長は相手にしません。

 

横山園長は「三国志かなんか知らないスけど、リアルをもっと大切にした方がいいんじゃないスかねー。」と言いますが、編集長はゲームをやめません。

 

「うるせぇな・・・オレは配下300人を抱える『にゃんこ隊』の幹部だから忙しいんだよ。」と編集長。

 

(にゃんこ隊!?)

 

編集長がチャットで指示出しをしていると聞いた園長。

鬼の編集長がチャットなんてしていていいのかとイラつきます。

 

 

しかし、編集長から、

「最近、十勝の大農家さんと知り合いになったからその人に会いに来たんだよ。この企画に協力してもらおうと思ってな」と言われ、驚く園長。

 

その農家さんは大根を1日に1万2千本の収穫を4か月間続けている事、

農場の全体の広さは、東京ドーム7,5個分(35ヘクタール)ある事、を聞いた園長は驚いて飛び上がります。

 

「そんな人とどうやって知り合ったんスか!!十勝に暮らしててもそんなチャンスないスけど!?」と聞く園長に対し、編集長は「ゲームで知り合ったんだよ。」と話します。

 

「は?」

「ゲームって例の三国志の!? えええ!?」

 

園長はビックリして聞きます。

 

「うむ。」

 

そう答える編集長。

 

編集長はゲームをやっているだけで堕落したと軽蔑していた園長。

 

実はその編集長が助っ人になってくれる事を知り、開いた口がふさがりません。

 

「ゲームをバカにしてごめんなさい!!」

 

平謝りする横山園長なのでした。

 

次回に続きます。

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.