漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

約束のネバーランド122話のネタバレと感想!手紙の宛先は?エマは鬼への思いも語る!

WRITER
 
約束のネバーランド122話

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月9日発売の2019年第11号、週刊少年ジャンプ連載の「約束のネバーランド」122話のネタバレと感想です。

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

ネタバレ

 

光差す、朝が来た・・・

 

ベッドで目を覚ましたエマ。

他の子供達の姿は無く、慌てて食堂へと駆けつけた。

人生初の寝坊をし、みんなに謝るエマに、「僕達も」と照れ笑いする子供達。

オリバーだけはいつも通り早起きしていたが、みんな気持ちよさそうに眠っていたから起こさなかったらしい。

その言葉に、こんなにゆっくり安心して寝起きしたのはいつぶりだろうと考えていたエマ。

 

だが、ベッドで眠った記憶が無かったエマは、はしゃぎすぎたと反省した。

そんなエマの様子を見て、ザックが運んでくれたのだと教えてくれたレイ。

エマはザックにお礼を言い、ノーマンの様子を聞いたが、その時にはいなかったらしい。

 

ノーマンの部屋のドアをノックし、「おはよう、ボス」とヴィンセントが入ってきた。

挨拶を返すノーマンに、再会を楽しめたか尋ねるヴィンセント。

「うん、まぁね。おかげさまで」と返事をし、クリスとドミニクの容態が安定した事のお礼を言った。

 

ヴィンセントは、いつもとは別人だったボスを自分も見たかったと言った。

ノーマンは、「からかうな。無駄口はいい」と一喝すると、計画の修正を伝えた。

 

ハヤトからの報告を聞いたかと確認され、「量産農園に侵入したが、警備が強化されていて侵入が露見した」と答えたヴィンセント。

ノーマンは、その際に人間の姿を見られ、同時にGF脱走者の生存が鬼達の間で明らかになった事を伝えた。

さらに、敵より先に手を打つ為、計画を早める提案をした。

 

この革命は食用児の血を流さずに勝利をしなければならないと言うと、手紙を差し出した。

この手紙を『彼ら』に渡し、急いで例の会談の手配を頼むとヴィンセントに指示した。

 

その頃、エマ達は洗濯をしていた。

だが、レイはノーマンの策がどんなものなのか気になっていた。

尋ねられたエマは、ノーマンが「誰一人失わない未来」と言っていたから心配いらないと答えた。

 

何かを見透かしたように、本当に『良かった』のかと聞くレイ。

顔をこわばらせるエマに、農園を潰すと言うノーマンの話は、本当は嫌なんじゃないかと尋ねた。

一瞬言葉を詰まらせるエマだったが、「嫌なわけないよ」と自分に言い聞かせるように言った。

何より確実で、もう逃げなくてもよくて、レイも同意していた事を指摘した。

 

レイは言った事を認めたが、

「でもそれは、お前の望む未来じゃないだろ?」と聞いた。

 

驚くエマだったが、その事を認めて語り出した。

「ノーマンの気持ちも正しさも、みんなの喜びも全部わかる」

 

”鬼さえいなければ”

 

「でもね。私、鬼を殺したくない」

 

エマは続けた。

みんながこれで、これが幸せなのに、鬼の幸せまで願ってる。

みんなが自分じゃなく、エマを思って喜んでくれたのに、そんなみんなをより危険に巻きこむような選択を、暗に望んでしまっている、と。

 

エマは「嫌になる」と頭を抱えて、さらに続けた。

食べられたくないし、絶対に食べさせたくもない。

出荷も狩りも嫌なのに、敵なのに、『鬼と私達、何が違うんだろう』って。

鬼達にも家族や友達がいて、同じように考えて笑って、食べているのは人間なのは嫌だが、鬼だって人間と同じように、生きるためにただ食べているだけなのに、と。

 

「敵だから根絶やしにしていいのかな?」

 

どれだけ憎くても、怖くても、本当に”絶滅”の他ないのかな・・・。

 

「それに、ムジカは友達なんだよ」

ムジカの同族を滅ぼしたくないと言うエマ。

 

それが本心なら、なんで昨日言わなかったのかと聞くレイ。

 

言えないと俯くエマ。

自分は争わない選択がいいが、みんなが望んでいるのは鬼を滅ぼす未来。

 

それに何より”七つの壁”もダメだから。

人を食べ続けなければあの姿でいられないのなら、”約束”を結び直しても、鬼は退化して滅び、結局同じこと。

 

他に選択肢が欲しいが、どこにもない。

 

「どうしよう、レイ。私、どうすればいいのかわからない」と必死に訴えるエマ。

 

その姿を見て、無言で見つめるレイだった。

 

感想

ノーマンの出す手紙の宛先や、開こうとしている会合が何なのかとても気になります。

ノーマンの作戦に、実は納得していなかったエマと、それに気付いて本心を聞き出したレイ。

エマの優しすぎる性格だからこその迷いに、レイがどう応えるのかも気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.