漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

約束のネバーランド124話のネタバレと感想!シスロとバーバラ、ヴィンセントと話すエマたち!意見に相違!?

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2月25日発売の2019年第13号、週刊少年ジャンプ連載の「約束のネバーランド」124話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

 

ネタバレ

 

楽園の守護者、活力、爆発!!

 

招かれたのは・・・

 

ヴィンセントがお茶を入れてくれた。

 

その間も、目を見開いてエマ達をジッと見つめる男女。

男はおもむろに自己紹介をし、女と、お茶を入れたヴィンセントを紹介した。

男の名は『シスロ』、女の名は『バーバラ』といった。

 

”逐一、圧がすげぇ・・・”

 

シスロはエマとレイの名前を確認すると、自分達も脱走者だと言った。

 

驚くエマ。

 

農園を潰している分、自分達の方が凄いと言い張るシスロとバーバラ。

 

エマがシスロとバーバラの意図に気付いた時、子供じみた対抗心で張り合っているが、適当に肯定してくれ、とヴィンセントが言った。

 

その時、

「いやー、スゲーっす。パネーっす。俺達にゃできねーっす。さすがっす!」

 

”レイ!!?”

 

わざとらしく褒めるレイにエマは驚いた。

だが、褒められて分かりやすく調子に乗るシスロとバーバラを見て更に驚いた。

 

”えー!!?それでいいのー!!?”

 

その時、レイがバーバラの胸元にあるマークに気付いた。

それは、ノーマンと同じ、Λ(ラムダ)7214のマークだった。

 

レイは、農園をぶっ潰せるということは、この3人もザジやアダムみたいな『イレギュラー』なのかと考えた。

ボスの部屋で、ボスの不在にこの態度をとるシスロとバーバラは、ハヤトやジンよりももっと上の兵だと考え、レイは面倒は避ける事にした。

 

エマは、クリスとドミニクに治療をしてくれたお礼をヴィンセントに言った。

 

ヴィンセントは礼はボスからも聞いたと言い、よくなる事を願った。

 

そこへバーバラが、それが聞きたいと割り込んできた。

 

シスロに、あいつの話を聞かせろと言われ、「あいつ?」と聞き返すレイ。

 

すると、シスロとバーバラはもじもじしながら照れくさそうにノーマンの事だと言った。

 

その態度を見て、エマとレイは悟った。

 

”ノーマン大好き!!”

 

 

そこへ、こいつらはボスが大好きだと言うヴィンセントに、「てめーも奴のこと大好きだろーが!!」とシスロとバーバラがつっこんだ。

ヴィンセントは、エマ達がボスの昔の仲間だからソワソワが止まらないのだと言った。

 

”お前もか!!”

 

「だって、気になるだろー!!?」と、シスロは叫んだ。

今朝見回りから帰ってきたら、昨日のボスは別人だったとみんなが騒いでいた、と。

そして、さらに続けた。

「どんなだよ!?そりゃキョーミ出るよ!!しかもアンタ達、超仲良い知り合いだってゆーじゃん!!」

 

そして、テーブルに勢いよく足を乗せると、エマ達に言った。

「”ノーマン”ってどんな奴なんだよ!!教えろよ、コラァ!!」

 

”照れかくし?”

 

今も昔も変わらないと思うが、とエマは語り出した。

「ノーマンは、優しくて、頭が良くて、いつもフワッと、ニコニコほほえんでいて・・・」

と、ノーマンの『The春の微笑み』を思い浮かべていた。

 

その言葉に固まったシスロとバーバラは、「全然ちげぇ!!」と大笑いした。

驚いたエマは、今のノーマンはどんななのかと聞いた。

 

「キリッ」と、バーバラ。

「冬」と、ヴィンセント。

「帝王」と、シスロ。

 

それを聞いて、レイはお茶を勢いよく噴き出した。

 

”帝王~!!?”

 

笑いの止まらないレイの隣で、驚きを隠せないエマ。

 

シスロは子どもの頃の話でもっとないのかと聞いた。

 

10歳までおねしょをしていた、というような話に期待するシスロだったが、おねしょ自体してなかったとわかりガッカリした。

 

だがレイが、風邪を治そうとした時のエピソードを話すと、シスロとバーバラは一瞬固まり、「それ超ワカる!」と言って、みんなで笑った。

 

みんなで盛り上がり、ひと段落した時、ヴィンセントは、いい話を聞かせてもらったと感動して泣いていた。

バーバラも、ボスは昔から格好いいと納得し、話をきけてよかったと言った。

 

今のノーマンを心配するエマに、ヴィンセントは、仲間想いでいい奴だと言った。

そして、今も食用児全員を救うために、寝る間も惜しんで尽くしていると続けた。

 

シスロは、みんながあいつに救われたと言った。

そして、”力”の使い道も気づかせてくれたと続けた。

 

シスロ達はΛ(ラムダ)7214で出会った同士だった。

元はシスロとバーバラがGR、ヴィンセントはGBの生まれで、3人はラムダの実験で”力”を得たのだった。

毎日毎日、地獄なんて言葉も生温いような実験が繰り返され、たくさんの食用児が死に、殺された。物よりも酷い扱いだった。

 

 

シスロは、ボスが来なければ自分も生きていなかったと言うと、「おいで」と手を差し出すノーマンを思い出し、12のガキが神に見えたとしみじみ言った。

 

ボスが策を立て、ザジを含めた同士4人が実行する。

今まで潰した農園は全部5人で開放してきた、と語った。

 

たったの5人で、と驚くエマとレイ。

シスロは、だから自分達は凄いと言ったろ、と笑うと、ボスの策は完璧で、自分達の力と勝利は絶対だから安心するように言った。

 

そして、シスロは恍惚の表情を浮かべて言った。

「ああ、楽しみだなぁ。早く奴らを皆殺しにしてぇ」

 

愕然とするエマ。

 

鬼を一匹消すたびに胸の内がスカッとすると言うシスロ。

鬼を殺して肉を食うと、ムカムカが消えると同調するバーバラ。

 

バーバラの食べている肉を見て、「まさかその肉・・・」と呆然とするエマに、「こいつは、こないだ襲った量産農園の職員のかな」と笑うバーバラ。

 

バーバラは立ち上がって続けた。

食用児ばかり食べられてムカつく。

今でも頭に体に、奴らの目、あの苦痛、あの毎日がこびりついている。

敵はただ殺すだけじゃ足りない、と。

 

そして、「ラートリー家も鬼共も、一匹残らず同じ目に・・・」と言った時、急にテーブルに上がり、食べ終わった鬼の骨を落とした。

 

驚くレイ達。

 

「何、その顔」

 

バーバラがエマに言った。

 

言葉も出ないエマ。

 

「まさか、あんた鬼に同情してる?」

 

と、エマに顔を近づけて聞くバーバラ。

なぜ嬉しそうにしないのか。嬉しくないのか。

食用児のくせに、鬼を殺したくないと思っているのか、と。

 

そしてバーバラは、そんな反吐話で「計画を変えて」とボスに言うつもりじゃないよなと、足で骨を踏みつぶした。

 

バーバラを制止するシスロ。

だが、興奮したバーバラは、「鬼は退治すべき化物だろ!!」と足に力を込めた。

テーブルがメキメキと音を立てて壊れ始めた時、「やめろ、バーバラ」とシスロが言った。

 

殺気を感じるエマ。

 

バーバラは舌打ちをして、落ち着きを取り戻した。

 

その時、「どの道、もう遅い。万事、支障はないよ」とヴィンセントが言った。

 

ノーマンは計画を早めて、今朝作戦を開始していた。

 

”計画・・・”

レイは疑問に思って、ヴィンセントに聞いた。

 

ヴィンセントは答えた。

「会いに行っている」

 

『駒の一つに』

 

その頃、ノーマンはザジと共にある部屋を訪ねていた。

 

ノーマンは言った。

「正式に、あなた方と同盟を結びに来た。共にこの世界を破壊しましょう」

 

相手は複数の鬼だった。

 

革命、始動。

切り札は・・・。

 

感想

シスロやバーバラ、ヴィンセントと楽しく話ができて、ホッとしたのもつかの間、鬼に酷い扱いを受けてきたバーバラ達とは、意見の相違があるようです。

バーバラの食べていた肉が、まさか鬼の物とは想像もしていませんでした。

一方、鬼に会っていたノーマンの計画がどういうものなのかが気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.