漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

約束のネバーランド125話のネタバレと感想!ノーマンの計画が明らかに!!

WRITER
 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

3月4日発売の2019年第14号、週刊少年ジャンプ連載の「約束のネバーランド」125話のネタバレと感想です。

 

前回話のネタバレは下記にまとめているので、まだの方はどうぞ。

 

→約束のネバーランド1巻を試し読みしてみる

約束のネバーランド125話のあらすじとネタバレ

約束のネバーランド 125話

 

広がる世界、羽ばたく、その日まで・・・

 

悲劇なき新世界へ、始まりの第一歩。

 

沢山の鬼達に囲まれるノーマンとザジ。

その息は荒く、興奮していた。

 

ザジは異様な空気を感じ、思わず背中の刀に手をやった。

ノーマンはそんなザジに、大丈夫だから刀を納めるように言った。

 

「すまないね。君があまりにも美味しそうだから」と謝る鬼。

 

ノーマンは構わないと言うと、「皆さんの食事の不自由は十分にお察ししています」と答えた。

 

「それに、あなた方も十分にわかっていらっしゃるはずだ」と言うと、今ここで自分達を食べるより、生かして同盟を結ぶ方が何倍も有益であり、それが人肉に困らない生活を再び手にできる、唯一の選択であるということを、と続けた。

 

そして、「卿はどちらに?」と尋ねた。

 

そこへ、杖をつき、装飾品をたくさん身につけた、巨大な鬼が現れた。

 

「遠路ご苦労、W.ミネルヴァ」

鬼はそう言ってノーマンを見下ろした。

 

「お久しぶりです。突然の訪問、お許しいただき感謝します。ギーラン卿」

とノーマンは挨拶をした。

 

ギーラン卿は、「次は君(ぬし)一人、部下一人で来い」と言ったことを忠実に守ったノーマンに驚き、感心した。

 

ノーマンは、まずは信頼であり、目的は同盟を結ぶことだと言うと、ザジを呼んだ。

ザジは大きな袋を鬼の前へ投げた。

 

ノーマンは、手土産だと言うと、先日潰した量産農園の上級職員だと説明した。

 

袋の中には無数の鬼の頭が入っていた。

 

ギーラン卿はお礼を言うと、椅子に掛けるように促した。

 

本題に入り、ギーラン卿がノーマンに確認した。

「君達(ぬしら)は我らに何を求め、何をよこす?」

 

ノーマンはハッキリ答えた。

「欲しいのは戦力。差し出せるものは勝利。そして、復讐の成就です」

 

ノーマンは続けた。

「700年前、貴家を裏切り陥れ、そのような姿に堕としめた、王家と現五摂家、全ての首の献上をお約束する」

 

無言のまま、ノーマンを見つめるギーラン卿。

 

ノーマンは言った。

現体制を牛耳る王家・五摂家を一掃すれば、あなた方は政権中枢に返り咲ける。

復讐を果たしたのち、鬼世界は貴家のもの。

私はあなたを王にしたいのだ、と。

 

ノーマン達の望む見返りを聞くギーラン卿。

 

「全食用児の解放。その上で食用児(われわれ)の自治をお認め頂きたい」

 

ざわつく鬼達。

 

ノーマンは構わず続けた。

無論、鬼達の食料を絶つ意図はなく、現食用児は全て解放してもらうが、農園設備はそのまま差し出すので、代わりにラートリー家を好きするように、と。

 

「食うもよし。新たに養殖するもよし」

 

ノーマンはさらに続けた。

今日日ラートリー家の技術なら、髪の毛一本からでも何百もの人間を増産可能であり、お望みとあらば、ラムダの研究データも全て渡す、と。

 

ギーラン卿は、食用児(ぬしら)も1000年の意趣返しかと言うと、それとも一族を追われた君(ぬし)の報復かと、J・ラートリーと名乗っているノーマンに聞いた。

 

ノーマンは何も答えずほほ笑んだ。

 

すると、ギーラン卿の隣で話を聞いていた鬼が言った。

確かにラートリー家は、王家・五摂家と強く癒着し、我々にとっても邪魔限りなし。

食えて消せれば一石二鳥だ、と。

 

「手を組みましょう。生き残るためにも、互いの復讐のためにも」

 

ノーマンは契約書を差し出し、言った。

私にはそのための策と、権力中枢と関わりの深いラートリー家だからこそ得られた内部情報がある。

しかしながら食用児(われら)には”力”がない。

この鬼社会(せかい)を確実に打ち倒すためには、人間以上(あなたがた)の戦力(ちから)が是非にも不可欠なのだ。

逆に、あなた方は戦力(ちから)はあるが、この700年、勝つ術がなく、何もできなかった、と。

 

「我らが組めば全てが叶います」

 

黙って見守る鬼達。

 

「700年待ち望んだ復讐と勝利を、共に忌まわしきこの世界を破壊しましょう」

 

両手を広げ、同意を求めるノーマン。

 

ギーラン卿は思い出していた。

 

『追放!?』

驚愕するギーラン卿。

 

『一族もろとも”野良落ち”の刑に処す』

読み上げられる判決。

 

『謀られた!!』

『我は無実だ。我々がなぜ下等種に・・・』

『畜生!』

『今に見ておれ、今に・・・』

 

「よかろう。自治を認める。我らは約束を守る。手を組もう」

ギーラン卿は同意しつつ、もし盟約を守れなかったらどうするのかとノーマンに聞いた。

 

ノーマンは少しの間黙り、その時は自分もろとも仲間達を喰らい尽くせばいいと言った。

煮るなり焼くなりご随意に、と。

 

ギーラン卿は「それでいい」と納得すると、自分の指を口元へ持っていき、ノーマンも倣った。

 

「成立だ」と言って契約書に指を押し当てると、「共に新たな世界を築こう」と、ノーマンとギーラン卿は握手を交わした。

 

ノーマンとザジは、ギーラン家を後にした。

 

不安そうなザジに、大丈夫だと言うノーマン。

ノーマンは「これでいい」と笑うと、考えた。

”戦力がない?”

”自治を認めろ?”

”農園設備は渡す?”

 

”全部嘘だ”

 

”あの鬼達はあくまで駒”

 

『食用児(ぼくら)は無血でこの革命に勝つ』

ノーマンは、ザジやヴィンセント、シスロ、バーバラと会議をした時に宣言した。

 

戦争になり、食用児と鬼がぶつかれば、どう頑張ってもこちらにも犠牲は出る。

だから食用児はぶつけない。

 

『鬼には鬼をぶつける』

 

『「そして共倒れさせる」というわけか』と言うヴィンセントに、『ご名答』と笑顔で答えた。

 

”ギーラン家はあくまでその駒の一つ”

 

その頃、ギーラン卿が契約書を手にしていた。

 

「この我が人間と同盟か」

 

そう呟き、考えた。

 

”現王政の打破”

”我ら700年の悲願”

 

あやつならやり遂げるだろう、と契約書のノーマンの血判を見つめると、ふいに舐めた。

 

「卿(かれ)も嘘つき。卿(かれ)らも食用児(ぼくら)を生かす気など更々ない」と、呟くノーマン。

 

「美味い」

ギーラン卿は、わずか一滴の血でありながら、あまりの美味さに、ノーマンをただの人間ではないと考えた。

 

その時、鬼の一人が言った。

ノーマンが随分若い、それにJ・ラートリーはもう何年も前に死んだはずだ、と。

まさか食用児かと疑う鬼に、ギーラン卿は首を見せないと言った。

そして、数年前に聞いた、GFの特上三匹の噂を思い出した。

 

もしノーマンがその一人なら、王すらも食べられない、もっと上の立場の御膳だと呟いた。

 

「ボクの脳(にく)も卿(かれ)の狙いの一つ」

ノーマンは言った。

 

「僕らを利用し、復讐を遂げた暁には、まず僕を殺して食べるだろう」

 

”互いに手を組むのは表面だけ”

”肚の底では互いに相手の寝首を狙っている”

 

「せいぜい僕を食い殺す夢でも見ておくがいい」

 

「最後に笑うのは食用児(ぼくたち)だ」

 

フクロウを肩に乗せ、うっすらと微笑むノーマン。

 

密媒(はかりごと)に命、賭けて。

 

感想

ノーマンの計画が明らかになりました。

鬼に裏切られて政界を追われたギーラン家を使って、王家・五摂家・ラートリー家への復讐を考えているようです。

また、ギーラン家とも、表面上の契約とは別に、お互いがお互いを陥れようと企んでいて、今後の行方が気になります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.