漫画感想レビュー&ネタバレ 考察サイト

妖怪ギガ8話のネタバレ。つらら女

WRITER
 
妖怪ギガ〜つらら女〜

スポンサーリンク




スポンサーリンク




この記事を書いている人 - WRITER -

2019年1月23日発売の少年サンデーに連載中の妖怪ギガのネタバレです。

前回は下記にまとめています。よかったらご覧ください。

ネタバレ

『つらら女』

 

人間に恋したり嫁いだり人と関わる事を好む妖怪。人と関わるからこそいろいろな悩みごとがあるとかないとか・・・

 

「夜だ!! 夜だよ!! シズク!! さあ今宵も繰り出そう人里へ!!」

「今日は何する? 雪合戦? それとも雪合戦?」

 

と、ワクワクするタルヒ。

 

シズクは言います。

 

「ごめんね・・・タルヒ・・・今日は私・・・人里には下りない・・・」

 

シズクは人里へ下りることを拒みます。

 

今夜は一人で屋敷にいたいと話すシズク。

 

理由は鼻っ柱にできた真っ赤に腫れたデキモノのせいでした。

 

こんな顔を熊八さんに見られたら嫌われてしまうかもしれないととても気にします。

 

デキモノを見たタルヒは「わぁ・・・真っ赤に腫れて痛そうね・・・」と同情します。

 

シズクは「そう!鼻の裏が痛くて一週間は治らないヤツよ!」と言い放ちます。

 

タルヒは「大丈夫よ。暗い夜道はその花がきっと役に立つから。」と明るく答えます。

 

しかし、タルヒがいくら励ましの言葉をかけても、シズクは前向きになりません。

 

タルヒが近くに置いてあった人型の大根を手にして「食べちゃう?」と話した瞬間、

 

シズクは「ダメ!絶対!!! 熊八さんが私にくれた大切な面白大根なんだから!!!」と奪って抱きしめます。

その様子をみたタルヒは話します。

 

つらら女が外に出ることができるのは、この真の冬夜の間だけだということ。

そのつかの間の日々を屋敷でうじうじ過ごすなんてもったいないこと。

本当に熊八に会わなくてもいいのかということ。

 

シズクは「熊八さんに嫌われたくない・・・でも・・・でも・・・熊八さんには・・・会いたい・・・」と泣きます。

 

タルヒは「わかった!!わかった!! それじゃあ今夜は遠くから見るだけにしましょ。」と提案します。

 

待ち合わせ場所では雪の中、熊八が待っています。

 

熊八は「おかしいな・・・日の入りと同時にやって来ると言っていたのに・・・ 何かあったのだろうか・・・」

 

そう呟きながら、シズクを待っています。

 

熊八の様子を見ていたハルヒは「出ていきなさい」と言いますがシズクは躊躇します。

 

するとタルヒは、熊八を自分の男にすると宣言し、熊八のもとへ行こうとします。

 

シズクは全力で止めに行こうとして、熊八の前に出て行ってしまいます。

 

熊八はシズクを見つけて喜びます。

 

その熊八の温かい表情を見て、シズクは赤っ鼻を隠していた手を自然に外せました。

 

「熊八さんこそ・・・寒かったでしょうに・・・」と熊八の体に積もっている雪をはらうシズク。

 

2人をみたタルヒは、

(恋か・・・雪合戦より楽しいのかしら・・・)と想像してみるのでした。

 

次回へ続きます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -










Copyright© まんがびより , 2019 All Rights Reserved.